社販時には、サイト内で行う各種割引キャンペーンは
適用されません。

アディダスのコラボレーションは、クリエイティブな創作活動をサポートし、文化的な意識を高め、それを表現する場を家族や友人たちと共にわかちあうことを目的としています。今回のキュレーションによる製品や関連活動において、ミュージシャン、アーティスト、デザイナー、カルチュラルアイコンの独自のビジョンを、世界中のクリエイターたちに向けて発信します。

ミレニアムが明けると同時に誕生。以来、ヨルグ・コッホ、マリア・コッホの二人がエディットするベルリンの著名なメディア “032c” は、世界中のアート、カルチャー、そしてクリエイティブな創造力を刺激する、さまざまな情報を発信してきた。

詳しくはこちら

2008年にデビューしたA-ZXシリーズの2020年最新モデルが登場。ZX '000(サウザンド)シリーズの伝統と未来をセレブレイトする、AからZまでアルファベットの頭文字を冠した26足のユニークなニューモデル。すべてのモデルが、世界各地で注目を集めるパートナーとのコラボレーション、または、アイコニックなadidasのアーカイブモデルに由来するA-ZXシリーズ。アルファベット1文字、1モデルのラインナップにより、先進的な融合を象徴するZXのストーリーを語り継ぐ。

詳しくはこちら

1999年に創設されたAlife(エーライフ)はニューヨークを拠点とし、多面的な活動を行うマルチフェイスなライフスタイルブランド。キュレーター、ブランドの製品開発、実験的なリテールコンセプト、アート展、トップブランドとのコラボレーションによる共同ブランディング、音楽イベントの開催など、多岐にわたる活躍ぶりで知られる。

詳しくはこちら

急成長を遂げている中国のファッションシーンにすい星のごとく現れ、注目を集めるエンジェル・チェン。自らの名前を冠したファッションブランドは、そのカラー使い、テクスチャーやスタイルのすべてに、何ものをも恐れない大胆さを感じさせる。中国の伝統やアイコンなどの要素とモダンなスポーツウェアやストリートファッションを巧みに融合させ、サプライズに満ちた作品を生み出し続けている。今季、そんな彼女の個性を反映させた、adidasのカラフルなコレクションがお目見え。

詳しくはこちら

世界中から熱い視線を集めているアーティスト、Bad Bunny。アルバム売上200万枚超えのアーティストとして、世界のあらゆる障壁や文化的な既成概念を打ち破り、カルチャーとエンターテインメント界のグローバルアイコンになりつつある。イノベーションとクリエイティビティ、自己表現という共通の価値観で結ばれたadidas Originalsとのコラボレーションに、他の追随を許さない独自のスタイルをもたらしている。

世界有数のファッションの発信地である東京の中心部に位置するNowhereは、日本のストリートカルチャーを世界に向けて発信し続けている。1993年のブランド設立以来、27年以上にわたりストリートファッションのシンボルとして、不動の地位を築きあげてきた。

adidas Originalsが提案するクリエイティブでカルチュラルなコレクション、アディダス コンソーシアム。アイコニックなadidasのシルエットを、際立つ特徴的なフォルムで表現。コンソーシアムは品質を追求した素材と、トップクリエイターたち、そしてシーンをリードする世界中のリテーラーとのコラボレーションにより、スリーストライプスが示すブランドが掲げる哲学の核心に迫る。コンソーシアムが生み出すリミテッドエディションのプロダクトは、過去、現在、未来につながるadidasのレガシーを称えるデザイン。

クレイグ・グリーンが自らの名前をブランド名として掲げ、2012年セントラル・セント・マーチンズ カレッジ卒業後間もなく立ち上げたファッションブランド。以来、メンズウエアクリエイターとしてそのポジションを確立させてきたグリーンは、ユニフォームやワークウェアのデザインから着想を得た、実用的かつ情緒的な雰囲気を漂わせるスタイルを創り続けている。

詳しくはこちら

自らがアディダス スケートボーディング の愛用者でもあった、ジェイソン・ディルとマイク・ピスチテッリが創設したFucking Awesomeは、断続的なサイドプロジェクトとして2001年にスタートしたが、2010年代になるとそのプレゼンスを高め、スケートブランドを代表するまでとなった。挑発的ともいえるそのグラフィック、DIY精神と無骨さに見出される美しさを秘めたFucking Awesomeは、スケーターのメンタリティを表現し続けており、adidas Originalsとのコラボレーションにおいてもその表現を反映させている。ジャンプスーツにユーティリティジャケット、そしてフットウェアまで、予測不能なFucking Awesomeのビジョンを通して独特のスタイルを表現している。誰もが考えもしなかった、サプライズとカオスにあふれる世界観。

詳しくはこちら

Girls Are Awesomeは、コペンハーゲン、ストックホルム、パリを拠点とする、女性たちが輝き存在感を放つことをサポートするブランドであり、クリエティブなメディアプラットフォームも運営。

詳しくはこちら

世の中に名ばかりのインフルエンサーはたくさんいるけれど、真の影響力を司るものは実は多くない。NIGO®はまさにその1人。90年代初期に世界でもトップのストリートファッションブランドを立ち上げて以来、ヒップホップ、Jポップ、アートやデザイン、建築やハイファッションなど、様々なカルチャーに影響を与え続けている。NIGO®はHUMAN MADEを通して、彼がこよなく愛するアメリカンビンテージやワークウエアなど、20世紀のファッション界の変遷を独自の視線でアレンジしている。

詳しくはこちら

HYKEは、吉原秀明と大出由紀子が2013年に立ち上げたウィメンズブランド。2人のファッション界でのキャリアの始まりは1998年に遡る。「HERITAGE AND EVOLUTION - 服飾の歴史、遺産を自らの感性で独自に進化させる」ということをコンセプトに、ファッションのアーカイブスタイルやデザインにコンテンポラリーなタッチを加えて再構築。

詳しくはこちら

ジョナ・ヒルは、演じた数々の役柄を超える個性の持ち主。俳優としてスタートした彼は、プロデューサー、脚本家、監督の肩書も持つ。長年にわたるヒップホップ、スケート、ストリートカルチャーとの結びつきにより、コメディやカルチャーシーンを代表するファッションアイコンとして頭角を現すまでとなった。

詳しくはこちら

DJ、インフルエンサー、インターネットパーソナリティ、コメディアン、スタイルアイコンといったマルチタイトルを持つニューヨーク、ハーレム出身のカーウィン・フロスト。ー 本人はあえてカテゴライズされることを好まないと思うが。常にトレンドや世の中のオピニオンを敏感にくみ取り、自身のブランドに独自の方法でその流れを取り込んでいく手法は、彼をコンテンポラリーなカルチャーシーンで最も重要な人物の1人にした。触れるだけですべてをゴールドに変えてしまうようなミダス王のように、マジックのようなタッチをadidas Originalsにもたらしてくれると期待される存在。

Kid Cudiことスコット・メスカディはミレニアムを迎えた当時、オハイオ州クリーブランドから出てきたばかりの無名のラッパーだった。そんな彼が、その10年後にはヒップホップ界の頂点に登りつめていた。トップラッパーたちがこぞって最高だと評するラッパー、それがKid Cudi。複雑に重なり合うサウンド、情緒ゆさぶる歌詞。Kid Cudiの作品は、感情に直接訴えかけるような、すべての人々に通じるコアなメッセージにあふれている。彼は今や世界中の若者たちのアイコンなのである。

レゴ グループが掲げる使命は、遊びが持つパワーを通して、—世界の明日を創造していく未来の担い手を育成する—。LEGO® ブロックをベースとしたLEGO System in Playは、子どもから大人まで誰もが、思い通りにものを作り上げ、好きに形を変え、新たなものを作り上げられる遊びのツール。レゴ グループは、1932年、デンマークのビルンで誕生。創立者は、オーレ・キアク・クリスチャンセン。レゴ(LEGO)という名は、デンマーク語で「よく遊べ」を意味するLEg GOdtに由来している。adidasとレゴのコラボレートコレクションは、adidasのアイコニックなアーカイブモデルに世界中で愛されるレゴの魅力を落とし込むことで、「遊ぶのに年齢は関係ない」というメッセージを感じさせる、ユニークなデザインに仕上がっている。

近年ファッション界に激震をもたらし、スタイルムーブメントを牽引した主要人物であるロッタ・ヴォルコヴァは、Enfant Terrible(恐るべき子ども)の異名を持つファッションスタイリスト。一見アンマッチと思えるような彼女の革命的ともいえるスタイリングは、ファッション界のビッグブランドを通して、世界に衝撃を与えた。

タイラー・ブレヴィンス、ゲームの世界では通称 NINJA。adidasがタッグを組んだ、初のeスポーツアスリート。最新のコラボレーションでは、彼のライフスタイルに注目し、人物像にせまる。900万以上のオンラインフォロワーをかかえ、ストリーム配信では毎回平均7万ビューを越えるというNINJA。多くの若者にインスピレーションを与え続ける彼がデザインするadidas Originalsコレクションを通して、その人生のサクセスストーリーを共有する。

詳しくはこちら

ロングアイランドで育ち、10代の頃にニューヨークに進出したブレンドン・バベンジンの記憶をルーツに、スケート、プレッピー、セーリング、ミリタリー、クラシックなど、様々なスタイルを融合したメンズウェアブランド。一貫して上質で、他のストリートブランドと一線を画す存在でありながら、堅苦しさがないスタイルを作り上げている。

詳しくはこちら

2013年、デザイナーコンビのルーク・メイヤーとアルノー・ファーにより創設されたOAMCは、モダンなメンズウェアシーンの注目ブランドとしてスタートした。クリエイティブディレクターのルーク・メイヤーは、前衛的なデザインとイノベーティブなテクノロジー、そしてカルチュラルな方向性を、adidas Originalsとのコラボレーションに反映させている。

詳しくはこちら

Palace Skateboardsは、イギリスのストリートカルチャーとユースカルチャーへの揺るぎない敬意と尊敬の念を原動力に、10年足らずの間に、イギリスの小さなスケートブランドから世界で最も重要なストリートウェアブランドの一つへと急成長を遂げた。

詳しくはこちら

カナダ出身のデザイナー、パオリーナ・ルッソの自身の名を冠したブランドには、郊外で過ごした彼女の青春期を振り返り、純朴な少女時代のノスタルジーが込められている。ユース時代のスポーツチームやDIYのアート&クラフトの記憶の影響が、ルッソの前衛的な衣服の美学とコレクションから見て取れる。

詳しくはこちら

adidas Originalsとファレル・ウィリアムスのコラボレーションは2014年にスタート。愛と情熱とエナジー、そしてカラーで人と人をつなぎ、人間性をセレブレイトするファレルのビジョンを広めてゆく。
"コラボレーションの目的は、みんながストーリーを語れる場を提供すること"
ファレル・ウィリアムス

詳しくはこちら

1913年の創業以来、カッティングエッジなスタイルの代名詞であり続けているPRADA。その知的な世界観は、トレンドを超えて概念、構造、そしてイメージを融合している。PRADAのファッションは単なる製品の枠を超え、概念を世界へ昇華させ、実験を重んじ、既成概念に果敢に挑戦する人々の基準となっている。

詳しくはこちら

最新アルバム“Daytona”の反響は大きく、リリースと同時にトップチャートに躍り出た。"GOOD Music"レーベルのCEOであるプシャ・Tは、多くのミュージシャンを世界的に有名なスターに育て上げた。Pharrell Williamsとのコラボレーションでは、誰もが切望するスニーカーをデザイン。

ヒップホップと米国の音楽史に残る偉業を成し遂げ、最も影響力のあるグループの一つとして世界的に認められているRUN DMCは、1981年にニューヨークのクイーンズ区ホリスでジョゼフ・シモンズ("Run")、ダリル・マクダニエルズ("DMC")、ジェイソン・ミゼル("Jam Master Jay")によって結成された。メインストリームのヒップホップグループとして、MC(アーティスト)とDJの役割を初めて定義。当時のNYCのローカルなヒップホップのジャンルを世界へ広めた先駆け的な存在。

詳しくはこちら

SANKUANZ(サンクアンズ)は、2008年にシャン・グワンジョーによって設立された、中国の若い世代の多様で幅広い視点を表現した中国発の気鋭ファッションブランド。SANKUANZのコレクションは、シャン・グワンジョーが生まれ育った中国の変わりゆく社会的、文化的、歴史的な背景を反映している。

詳しくはこちら

イギリスとヨーロッパのフットボールスタジアムのテラスに根差し、adidas Originalsのレガシーとして受け継がれてゆくadidas Spezialコレクション。スリーストライプスのカルチャー的なルーツに対する熱い想いをシーズンごとに発信。adidasの歴史の中で象徴的な一コマにスポットライトを当て、隠れたアイコンや異色のシルエットをadidasのアーカイブから蘇らせ、それを愛用してきた人々の視点から表現。

詳しくはこちら

現代の映画史において、最も人気を博した映画の1つで、2020年に公開から40周年を迎えたスターウォーズの『帝国の逆襲』。この節目を記念し、adidas Originalsは、主要キャラクター、ランド・カルリジアン™、ボバ・フェット™、ハン・ソロ™、チューバッカ™の4人の特徴を捉えたリミテッドエディションのスペシャルスニーカーコレクションをリリース。

詳しくはこちら

ショーン・ウェザースプーンは、LAを拠点とするファッションデザイナー、キュレーター、コレクター、ビンテージ愛好家。そのマルチな活躍ぶりとともに、車やスポーツウエア、そしてスニーカーなどに深い知見を持ち、幅広い感性と鋭い観点を持つことでも知られている。独自の素材使いと色使いに定評があるウェザースプーンは、献身的なヴィーガンであり、より良い人類を目指す取り組みを地元のみならず、世界的に実践している。

詳しくはこちら

グレース・ウェールズ・ボナーは、セントラル・セント・マーチンズ カレッジ卒業後、2014年に自らの名前を冠したコレクションを発表。2016年、初のランウェイショー『Ezekiel』が成功し、LVMHヤングファッションデザイナープライズを受賞。カルチャーに対し広い知見を持つことでも知られるウェールズ・ボナーは、ファッションを多様な視点を理解するための直感的な手段として考える。彼女のコレクションはどれも文化的な物語についての思索で、幅広いリサーチから生まれる。文学的な資料と卓越したクラフトマンシップを掛け合わせ、考え抜かれた空間演出の中で表現されている。

詳しくはこちら

アメリカの人気TVドラマシリーズの子役として活躍したことでスターの仲間入りをしたヤラ・シャヒディ。しかし、その華やかなサクセスに甘んじる彼女ではなかった。イラン・アフリカ系アメリカ人の彼女のキャリアは、モデル、監督、活動家と幅広い。一方、アメリカの有名大学で熱心に社会・政治情勢を学ぶ学生という顔も持っている。

Shop the latest collaboration releases

ページTOP ログイン ようこそ    
Loading
会員登録すると
10%OFFクーポンプレゼント

adiCLUB利用規約 プライバシーポリシーに同意します。

ご登録いただくメールアドレスを入力のうえ、ボタンをクリックしてください。

※すでに会員登録がお済みの方は、ご登録いただく必要はございません。
※配信は不定期です。配信形式は、HTMLとなります。
※携帯メールアドレス(キャリアドメイン)以外でご登録をお願いします。

ご登録ありがとうございました。

ご登録完了メールをお送りいたしますので、
そちらもご確認お願いいたします。

指定のメールアドレスをご確認ください。

© 2019 adidas Japan K.K.

アディダス直営店における新型コロナウィルス陽性者の発生について