社販時には、サイト内で行う各種割引キャンペーンは
適用されません。

ギア・アイテム 2020.10.02

adizeroがかつてない速さを解き放つ理由とは。

  • running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-header.jpg

ADIZERO—それは実力を競い合う大切なレースの“伴走者”。1秒でも速くなりたいと願うランナーたちの味方。

2008年、Haile Gebrselassie(ハイレ・ゲブレセラシェ)は、男子マラソンで2時間4分の壁を破る世界初の選手になりました。ベルリンマラソンでそれ以前の世界記録に「adios」(スペイン語でさようなら)を告げたとき、いったいどんなシューズを履いていたのでしょうか?

答えは初代adizero adiosです。

それが、数多くの世界記録を生み出した歴史の第一歩です。adizeroは、あらゆるランナーに速くなってもらいたいという大きな目的を原動力に、エリートランナーたちが集うレースで他を圧倒しました。
どのadizeroシリーズにも、 開発チームの探求とプロアスリートのフィードバックというユニークな組み合わせが踏襲されています。それが人生初のマラソンであろうと、世界記録をかけたレースであろうと、卓越を求めるたゆみない努力と連携が、あらゆるレベルのランナーたちのベストタイムを縮めてきたといえるでしょう。

2008年以来、長距離ランニングの世界には数多くの出来事がありました。
そのほとんどに関わってきたのがadizeroです。
adizeroシリーズのさまざまなモデルが現在でもなおスポーツ界に影響を与えている理由を紹介していきましょう。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_1.jpg

ADIZERO ADIOS PRO

何十年もの努力と連携の頂点といえるadios Pro。
adizero史上最高のイノベーション。
世界トップクラスのマラソンアスリートであるJoyciline Jepkosgei(ジョイシリン・ジェプコスゲイ)やRhonex Kipruto(ロネックス・キプルト)とともに、あらゆる要素を再検証して創り上げた一足。
Lightstrike Pro、5本骨状カーボン、カーボンファイバー・ヒールプレートの組み合わせが、スムーズで弾むような重心移動と理想のクッション性に貢献。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_2.jpg

ADIZERO PRO

スピードに自信のあるエリートアスリートの、さらなるスピードアップを目指したもうひとつのモデル。
アディダス ランニング最軽量のcelermeshアッパーが必要な箇所の安定性を確保。
LightstrikeとBoostフォームの相乗効果により、トレーニングでもレースでもバネのような反発力と快適な履き心地の両立を実現。
またCARBITEXカーボンプレートによりミッドソールの機能を向上、蹴り出しを強化。
そして、グリップ力を発揮するContinental + DSPアウトソールにより、さまざまな路面で優れたトラクションを発揮。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_3.jpg

ADIZERO JAPAN

2008年にHaile Gebrselassie(ハイレ・ゲブレセラシェ)を世界新記録に導いたシューズを継承したモデル。
新感覚のフィットをもたらすアッパー。
Lightstrikeとの理想的な組み合わせを実現したBoostフォームにより、弾むような走りときびきびとした足運びを実現。
摩耗しやすい重要な箇所にはContinental™ラバーとadiwearのグリップ力を融合させたアウトソールを採用し、推進力に優れたトラクションを実現。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_4.jpg

ADIZERO BOSTON

Bostonという名前から連想できるように、マラソンレースのために生み出されたadizeroシューズ。
時間とペースを決めて走るテンポランにも理想的。
Bostonは、サポート性と通気性を兼ね備えた軽量メッシュアッパーを採用、ニュートラルランナーにおすすめのシューズ。
ランニング中、常にバネのような反発力を生み出すBoostフォームも採用。
さらに、さまざまな路面状態でグリップ力を発揮するContinental™ラバーアウトソールを搭載。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_5.jpg

TAKUMI SEN

2020年、ロードレース10キロで26分24秒の世界新記録を樹立したRhonex Kipruto(ロネックス・キプルト)が履いていたadizero Takumi sen。
重さ200gに満たないTakumi senは、軽い履き心地のシューズ。adizeroの高品質アッパーのフィット感を損なうことなく重量を限界まで落とすことに成功。蹴り出し時にも足をしっかりと包み込む、ミッドフット(中足部)の新たなフィットシステム。
BoostとLightstrikeを組み合わせたミッドソールが軽快な反発力を実現し、ContinentalとDSPを組み合わせたアウトソールが信頼性の高いグリップ力を発揮。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_6.jpg

BEKOJI

攻めの姿勢でランニングやレースに臨むために作られたシューズ、Bekoji。トラックの5000メートル走用のスパイクシューズから着想を得て設計。非常に軽量で技術的な精度の高さが特徴。
celermeshアッパーとbounceフォームが、着地から蹴り出しまでシームレスな足運びに導くと同時に、連続的にかかる衝撃に対してadiwearアウトソールがその耐摩耗性を発揮。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_7.jpg

RC

adizero RCは軽さが特徴のレース用シューズ。
内部の強化構造が安定感のあるフィットを実現。1枚仕立てのcelermeshアッパーが足の自然な動きをサポート。グリップ力の高いアウトソールが推進力を生み出し、Lightstrikeが弾むようなクッション性を実現。

running-fw20-adizero-franchise-sustain-story-image_8.jpg

SL20

毎日がレースの日とは限らない。
だからこその、SL20の存在感。
adizeroシリーズではないものの、SL20は毎日のトレーニングにぴったり。履き心地に優れているため、ランニングに集中することが可能。2層構造のアッパーにより、通気性を犠牲にすることなく、ぴったりフィットを実現。Lightstrikeを全面に採用したミッドソールにより、クッション性と軽量性の両立を実現。さらにその下には、優れたグリップ力を発揮するContinental™アウトソールを搭載。

中距離ランナーのために

中距離を飛ぶように走りたい、その気持ちに応えるために生まれたシューズ。Solarは航空宇宙工学にインスピレーションを得たシリーズです。
BoostやBounceのような各種のミッドソールで構成し、独自のメッシュアッパーで、サポート性や一体成型の包まれるようなフィット感を実現しています。
またランニングを始めたばかりで自分のペースをつかみたいという方は、Snovaシリーズを。足に反発力を感じながら安心してランニングを楽しめます。
クッション性の高い前足部とヒールが快適な履き心地を、メッシュアッパーが優れた通気性を発揮します。
さらに、これらのモデルはPrimegreenなどのリサイクル素材を使って作られています。

READY FOR SPEED

adizeroは常に履く人の自己ベスト更新に捧げてきました。
世界記録更新を更新し続けても、進化の一途をたどってきました。
そして一つひとつのイノベーションがエリートランナーたちを最速のさらなる先へ駆り立ててきました。

まだ見ぬ速さを解き放ちましょう。

ページTOP ログイン ようこそ    
Loading
ニュースレターを購読すると
10%OFFクーポンプレゼント

ニュースレター利用規約 プライバシーポリシーに同意します。

ご登録いただくメールアドレスを入力のうえ、ボタンをクリックしてください。

※すでに会員登録がお済みの方は、ご登録いただく必要はございません。
※配信は不定期です。配信形式は、HTMLとなります。
※携帯メールアドレス(キャリアドメイン)以外でご登録をお願いします。

ご登録ありがとうございました。

ご登録完了メールをお送りいたしますので、
そちらもご確認お願いいたします。

指定のメールアドレスをご確認ください。

© 2019 adidas Japan K.K.

CYBER SALE 対象商品が最大40%OFF