社販時には、サイト内で行う各種割引キャンペーンは
適用されません。

ギア・アイテム 2019.11.05

ISS National Lab X Adidas ―宇宙にBOOSTを送り込むミッション

adidasが国際宇宙ステーション(ISS)米国国立研究所と新しいパートナーシップを結んだ理由。

  • ISS_Story_Page_Header_Image_Desktop.jpg

空を見上げて見よう。宇宙には伝えるべき物語があります。アポロ11号の月面着陸の熱いドラマから傷に強いレンズの発明まで、宇宙では不可能とされている課題に取り組み、結果的に地球上の産業に革命を引き起こして来ています。

ss20-UB20-ISS-Story-Page-Image-2-d.jpg

ISS National Lab X Adidas

1949年、アディ・ダスラーはadidasブランドを設立。
スポーツは単なる競技よりもはるかに大きな意味を持つようになりました。70年におよぶ絶え間ない革新によりadidasは時の試練に耐え、スポーツ文化の歴史の中で最も重要な瞬間に携わり、変化を起こすと言うハングリー精神は今もなお強いです。当社はこれまで以上に、オープンソースのコラボレーション文化を通じてアスリートと消費者のパフォーマンス向上に努めます。

2019年11月、adidasは画期的な発表をしました。それは当社の考え方・設計・製造方法までも変えるもので、国際宇宙ステーション(ISS)米国国立研究所とのパートナーシップの発表です。adidasとISS米国国立研究所は共に、地球上のアスリートを強力にバックアップすると言う唯一の使命を持ちながら、宇宙探査の新時代を迎え、あらゆる可能性にチャレンジします。

ss20-UB20-ISS-Story-Page-Image-3-d.jpg

BOOST IN SPACE(宇宙間でのブースト実験)

ISS米国国立研究所を活用したいという長期的なプロジェクトの一部として、「adidas」を象徴するBOOSTテクノロジーは、地上から408 km上空を飛行しているISSに飛ぶと言う画期的なミッションを目前としています。
ISS米国国立研究所の後援により、BOOSTペレットの素材はNASAと契約した貨物に搭載され、重要な補給貨物と研究材料と共に宇宙ステーションに送り込まれます。このミッションはまさに製品開発を新次元に押し上げるものです。

宇宙で、NASAの宇宙飛行士が無重力状態でBOOSTミッドソール製造プロセスの実験を行います。狙いは、微小重力環境におけるミッドソールの金型充填作業中のペレット動作の秘密を明らかにすること。科学者によると、これは理論上ではフットウェアのパフォーマンスと快適性を向上することができると言われています。

BOOSTペレットはミッドソールの空洞に注入され、ペレット動作・相互作用・向きが、透明な型を通して高速カメラで撮影されます。その金型は検証のために地球に送り返され、BOOSTの未来を明らかにします。まさにこの世にはまだないランニングテクノロジーを創造する研究となります。

しかし、『BOOST IN SPACE(ブースト イン スペース)』は、ISS米国国立研究所とのコラボレーションの第一歩に過ぎません。それは、現代の宇宙レースの始まりを示す『ビッグバン』であり、時代を先取りするランニングシューズの創生を意味します。更にアスリートにとって今まで考えられなかったレベルまでパフォーマンスを引き上げ、物語の新たなチャプターとなります。BOOSTが誕生してからまだ5年余り。さらに5年後で達成できることをぜひ想像して見てください。

BOOST TO THE FUTURE(ブーストは未来へ)

アスリートに最適な製品を創造するというアディ・ダスラーのビジョンと同様に、人類の宇宙への関心はションは飽くなき永続性があります。我々は未知を探求し、科学的・技術的な限界を乗り越え、更に邁進するように駆り立てられています。我々がここまで辿り着けたのは、既知の世界や従来の限界に挑戦する精神によるものですが、これはほんの始まりに過ぎません。ぜひご期待ください。