社販時には、サイト内で行う各種割引キャンペーンは
適用されません。

コンディショニング 2019.8.30

テーピングに頼るのはNG! ランニングで膝を傷めた時の対処法とは?

  • _81A0031.jpg

ランナーにとって最も怖いのが「故障」。なかでも、膝の痛みに悩む人は多いようです。ランニングやマラソンで起こりがちな膝のけがを防ぐにはどうすれはいいのか? 万が一けがしてしまったら、どのように処置をすればいいのか。「安易なテーピングの使用はやめたほうがいい」と語るadidas契約アドバイザーの中野ジェームズ修一さんに詳しく聞きました。

膝関節を守るためには、周辺の筋肉をバランス良く鍛えること

— 走ることで、膝に負担がかかってしまうのはどうしてでしょうか。

中野ジェームズ修一さん(以下、中野):膝関節は、「大腿骨」「脛骨」と呼ばれる骨がただ上下から合わさっているだけなので、非常に不安定なんです。それでも、なぜ日常生活で壊れずに機能するのかというと、膝周辺にあるたくさんの筋肉で支えられているから。これらの筋肉の柔軟性がアンバランスな状態になると、途端に膝が故障しやすくなってしまいます。

— 「筋肉の柔軟性がアンバランスになる」とは、どういう状態なのですか?

中野:普段からしっかりストレッチを行っていないと、部位によって強い筋肉と弱い筋肉に分かれてしまうんです。そうすると、膝の骨がズレやすい状態になり、骨と筋肉がぶつかりやすくなる。ランニングなどで力が加われば、さらに強くぶつかることになって、痛みを生じます。走った後にストレッチをしてほぐしてあげないと筋肉が硬くなりやすい。筋肉の柔軟性が偏ってしまうんです。