【adidas公式通販】アディゼロジャパン 5 /adizero Japan 5 [KZY23]|ランニング スポーツシューズ|アディダス オンラインショップ
日本限定

コーディネートを
完成させよう

オウン ザ ラン ロングタイツ / OWN THE RUN LONG TIGHTS

6,039

サイズを選択iconArrowBottom

  • 22.0cm残り1点

  • 23.0cm残りわずか

  • 23.5cm残り1点

  • 24.5cm残りわずか

  • 25.0cm残りわずか

  • 25.5cm

  • 26.0cm

  • 26.5cm

  • 27.0cm

  • 27.5cm残りわずか

  • 28.0cm残りわずか

  • 28.5cm残りわずか

  • 29.0cm残り1点

  • 29.5cm残り1点

  • 30.5cm残りわずか

  • 31.0cm残り1点

1iconArrowBottom

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
iconHeartEmpty
カートに商品を追加しました。買い物を続ける
日本限定アディゼロジャパン 5 /adizero Japan 5
アディゼロジャパン 5 /adizero Japan 5

15,400

カラー: コアブラック/グローリーグリーン/フットウェアホワイト
サイズ:
数量: 1

iconReturn返品可能

iconDelivery送料無料

    iconReturn返品可能
    iconDelivery送料無料
    最短お届け日
    2 / 23

    アディゼロジャパン 5 /adizero Japan 5

    軽い履き心地で、反発力のある高機能ランニングシューズ。

    たまには陸上トラックを離れて、街へ飛び出そう。このアディゼロ アディオス 5は、陸上競技シューズで培った優れた技術を注ぎ込んで設計したロードランニング用モデル。アディダスが採用するメッシュ素材の中でも最軽量のセラーメッシュを採用。ミッドソールの反発力のある軽い履き心地が、勢いのある走りを導く。
    • レギュラーフィット
    • シューレースクロージャー
    • 一層のセラーメッシュアッパー
    • 足をしっかり固定するフィット感の軽い履き心地
    • 軽量化を極めランニングシューズ
    • クッション性と反発性を両立するBOOST™ミッドソール
    • 重量:224 g(27cm 片足重量)
    • ミッドソールドロップ:9.5 mm (ヒール 21.5 mm / 前足部 12 mm)
    • Continental™ラバーアウトソール
    • 商品番号:FX0501
    • 色:コアブラック/グローリーグリーン/フットウェアホワイト
    • 生産国:China

    テクノロジー

    精密に作られた小さな雲の上を走っているような履き心地の追求から生まれたクッション性を発揮。温度環境による影響を受けにくいため、ランニングシューズとして風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下で反発力を維持。長距離のランでもEVAよりも、BOOSTフォームは劣化しにくく、性能を持続。
    ブースト
    精密に作られた小さな雲の上を走っているような履き心地の追求から生まれたクッション性を発揮。温度環境による影響を受けにくいため、ランニングシューズとして風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下で反発力を維持。長距離のランでもEVAよりも、BOOSTフォームは劣化しにくく、性能を持続。
    自動車やレース用の自転車に採用されているContinental™ラバーアウトソールを採用。様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮しスリップによるエネルギーロスを軽減。
    コンチネンタル
    自動車やレース用の自転車に採用されているContinental™ラバーアウトソールを採用。様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮しスリップによるエネルギーロスを軽減。
    アディゼロジャパン 5 /adizero Japan 5は、 3件のレビューによって、 5つ星のうち 3.7と 評価されています。
    によって、 5つ星のうち 4 と評価されています。 慣らしが必要かも・・・習熟途上40Km japan4ワイド(27cm)から27cmEVERGREENへの乗り換えです。ワイドからレギュラーへなので27.5cmも試してみましたが27cmでピッタリ。足入れ時には、特にかがとのホールド感が良く、シュータンが袋状になっていることもあり全体的に当たるところがなくしっかりとホールドされていて、これは!と期待が膨らみました。ところが試走してみてあれれれれと。今までのグニャリ感は無く安定感は良いのですが、すべてが硬い印象で、BOOST、トルションシステム、ライトストライクすべてがばらばらに打ち消し合って、まるでBOOSTに硬いプラスチック板を張り付けて走っているような印象でした。とにかくバタバタと音と振動が伝わり、最初はダメかなと思いました。普段よりもキロ30秒から1分遅めで慣らしJOGを5から10Kぐらいを何度か続けて本日で合計40Km走行しました。そうしたら、特に上りで感じやすいのですが、踵前方から中足部にうまく体重を乗せて着地すると、すべてのシステムが協調してグンッと加速するスイートスポットがあることを感じました。その時はバタバタ感が無く、強い向かい風の時に先行者の背中に張り付いた時に感じるスッと引っ張られるような印象です。一時はjapan4に戻ろうかと思いましたが少し期待が持ててきました。シューズと足、そして頭を習熟させるのにもう少しかと。スイートスポットを確実に掴めるようになったら凄いかも、でも100Kmくらいの慣らしが必要なのかもという感想です。
    投稿日: 2019-12-29
    によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 とても良い印象です。 japan4から乗り換えました。 japan4と比べたサイズ感ですが、確かに幅は広くなりました。ですがヒモを締めたら気にならないレベルですし、長さは変わらない感じなので、同じサイズでいいと思います。0.5センチ小さいサイズも試着しましたが、japan4と同じサイズにしました。 今回キロ5分で12キロ走りましたが、サイズ感は問題ありませんでしたし、かかとやアッパーのフィット感はとても良かったです。 ソールが硬くなった実感があり、前足部のバタバタ音が止まりませんでした。慣れが必要だと思います。ただ、今回は5分ペースで走ったつもりが、気付くと4分40秒ペースになっていたりと、スピードを出すには楽観的なイメージです。
    投稿日: 2020-01-05
    によって、 5つ星のうち 2 と評価されています。 名作が奇作になった Japanの名を冠するけれども、完全に別物と化しています。 ターゲットがかなり絞られているように感じました。 スピードがどうこうとかではなく、自然にフォアフットストライクをできるランナーを狙ったモデルです。 私は中足部で着地するのですが、どうやっても前足部でパンパンと音を鳴らしてしまいます。 (ミッドフットストライクは踵骨から接地するるため、解剖学的にはヒールストライクと同じ) 踵後端からボールジョイントまで大きくドロップが効いていることと、重心が後ろ側に寄っていることが、私にとっては相性が悪かったようです。 (VF4%はN%へのモデルチェンジでドロップダウンさせた) せめて外側中足部のラバーをもう少し後ろにまで伸ばしてくれていたら。 自然にフォアフットストライクできるランナーはすでにVFを履いていると思います。 しかも重心が後ろ側にありますから、そういったランナーにとっては踵の厚いBoostがデッドウェイトになる可能性も。 それなのに何故VFを追いかけるようなモデルにしてしまったのか…。 正直Japan 4の方がはるかに履きやすいですし、いっそこれからはBostonかSub2の2択にしても良いくらいです。 BoostをLight Strikeで覆うことで安定感を高めるコンセプトが良いだけに、すごくもったいなく感じます。
    投稿日: 2019-12-14
    • y_2020, m_2, d_20, h_12
    • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_3.0.5
    • cp_1, bvpage1
    • co_hasreviews, tv_0, tr_3
    • loc_ja_JP, sid_KZY23, prod, sort_[SortEntry(order=RELEVANCE, direction=DESCENDING)]
    • clientName_adidas-jp
    ニュースレターを購読すると
    10%OFFクーポンプレゼント