【adidas公式通販】adizero Pro M [FW7862]|メンズ ランニング スポーツシューズ|アディダス オンラインショップ
NEW

コーディネートを
完成させよう

オウン ザ ラン ロングタイツ / OWN THE RUN LONG TIGHTS

6,039

サイズを選択iconArrowBottom

小さめ適切大きめ
  • 25.0cm店舗在庫のみ

  • 25.5cm店舗在庫のみ

  • 26.0cm店舗在庫のみ

  • 26.5cm残りわずか

  • 27.0cm

  • 27.5cm

  • 28.0cm

  • 28.5cm残りわずか

  • 29.0cm残りわずか

  • 29.5cm

  • 30.0cm

  • 31.0cm残りわずか

1iconArrowBottom

  • 1
  • 2
  • 3
  • 4
  • 5
  • 6
  • 7
  • 8
  • 9
  • 10
  • 11
  • 12
  • 13
  • 14
  • 15
  • 16
  • 17
  • 18
  • 19
  • 20
  • 21
  • 22
  • 23
  • 24
  • 25
  • 26
  • 27
  • 28
  • 29
  • 30
カートに入れるiconBagEmpty
iconHeartEmpty
  • iconReturn
  • iconCheck
  • iconDelivery

    送料無料

最短お届け日
8 / 14
商品詳細
レビュー

adizero Pro M

スピードアップのために作られた、軽量ランニングシューズ。

自己新記録を更新する準備はいい? 記録を伸ばすために、アディダスがトップアスリートたちとコラボレーションして開発したランニングシューズ。非常に軽いメッシュアッパーの内側にフィットシステムを搭載し、足をしっかりと固定する。柔軟性に富むLightstrikeクッショニングとクッション性と反発性を両立するBOOSTを組み合わせて、キビキビとした快適な走りを導く。
  • テキスタイルアッパー
  • 非常にクッション性に優れたランニングシューズ
  • クッション性と反発性を両立するBOOSTミッドソール
  • 素早い、キビキビとした動きを促すLightstrikeクッショニング
  • 商品番号:FW7862
  • 色:コアブラック/シグナルコーラル/フットウェアホワイト
  • 生産国:China

テクノロジー

精密に作られた小さな雲の上を走っているような履き心地の追求から生まれたクッション性を発揮。温度環境による影響を受けにくいため、風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下で反発力を維持。長距離のランでもEVAよりも、BOOSTフォームは劣化しにくく、性能を持続。
ブースト
精密に作られた小さな雲の上を走っているような履き心地の追求から生まれたクッション性を発揮。温度環境による影響を受けにくいため、風や雪、太陽の日差し、雨など、あらゆる天候下で反発力を維持。長距離のランでもEVAよりも、BOOSTフォームは劣化しにくく、性能を持続。
自動車やレース用の自転車に採用されているContinental™ラバーアウトソールを採用。様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮しスリップによるエネルギーロスを軽減。
コンチネンタル
自動車やレース用の自転車に採用されているContinental™ラバーアウトソールを採用。様々なコンディション下でも高いグリップ力を発揮しスリップによるエネルギーロスを軽減。
adizero Pro Mは、 4件のレビューによって、 5つ星のうち 3.8と 評価されています。
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 めちゃタイト、だがそれが良い Adizero Japan 5(Ever Green)では酷評しましたが、このモデルは文句なしに良いです。 私は中足部後方で接地するのですが、足の骨格からして必ず踵骨から着地します。 はじめはBoostの柔らかさを感じ、そのあとはBoostの弱点であった不安定さを感じることなく足裏が全面的に接地します。 Light StrikeでBoostの外周を覆う構造のため、プロネーションが強いランナーにも履きやすいでしょう。 ここまではJPN5で好みだったところに似ています。 それを全体的に肉厚にした感じです。 そして前足部に重心が移った後、拇指球から親指に向かって足離れが一気に加速します。 Boostの柔らかさは終始続くのですが、Light StrikeとCarbitexが良い具合にまとめてくれます。 この感触を得ることができればAdizero Proを好きになると思います。 擬似的にフォアから着地してみても、VFN%のような後足部での跳ね上げは感じられませんでした。 後端にAdiwearラバーが配置しているあたり、特定の接地方法を狙ったものではないようです。 きれいにフラットに着くとロスなく推進力をもらえました。 この推進力もあくまで適正なリターンなので、ペースマネジメントにも資すると思います。 ランナー本位で速度をコントロールすることができます。 足とシューズが1対1で協調していく、これは個人的にすごく好きな感覚です。 フィット感ははっきりいってタイトです。 正直、Adizeroのワイドモデルを履くランナーだとかなり厳しいと思います。 足囲はレーシングラストでいうD~2E、足型はカーブラストの引き締まったオブリーク。 シュータンとアッパーが接合されていて、このフィットの強さをもって足をソールに固定します。 このタイトさの意味を理解できないとただのキツい靴です。 そういうものなんです。 複数列あるシューレースホールを利用してフィット感を調整、自分好みに仕上げていくシューズです。 踵のはめ方、シューレースの通し方、紐締めの強弱、靴下の厚さや着圧の強さなど、履き方にとことんこだわると良い味が出てきます。 多くのランナーが信頼するAdizeroを、従来の1つ2つ上のレベルで再構築したものだと解釈しています。 経験したことがある安心の履き心地を残しながらも、初体験のずれないフィット感、重心移動のスムーズさを与えてくれます。 VFとどっちが良いとかではなく、Adizero Proの長所を上手く引き出して利用する。 これに尽きます。私は断然コチラ。
投稿日: 2020-07-11
によって、 5つ星のうち 4 と評価されています。 バランスがいい *注 世に名を轟かせる、蒸気と言う意の英単語から始まるようなランニングシューズでは走ったことがないため、そのシューズとの比較はできない。 サイズ感:  adizero japan 5から0.5ダウンでぴったりだった。27.0を購入(Japan は27.5) 重量:  とても軽いとまでは言えないが、全く重くはない。また重心が少し前にあるので、体を乗せやすい。 フィット感:  最新のadizero ラインナップ同様、シュータンが円筒状で伸縮性のある生地のため、足の幅に合わせてしっかりフィットする。 走った感想:  やはりフォア〜ミッドフットで着地することで恩恵を受けられるシューズ。(自分自身ヒールストライクで走らないため話半分で見てほしいが、試しにヒールストライクで走ってみたところ、あまり反発は得られなかった。)(もちろん人によるが。)  Adizero japanには、足の外側から着地すると硬いライトストライクが外側にあるせいで、全体がブーストのときに比べると、足に負担がかかりやすい、という欠点があったが、このadizero proは構造が同じであるにもかかわらず、厚さがあるせいか全くその欠点は感じられず、着地は非常にソフトで走りやすかった。  今日は雨だったが路上の排水口(金属の網状のもの)以外ではスリップの恐れなく走れた。グリップ力に関しては素晴らしいものがあると思って良い。またセラーメッシュのおかげか、靴がビショ濡れにはならなかった。流石はプロのレース用シューズである。  また、走り方等のコツは他のカーボンプレート入りのシューズと同じようである。(購入する場合は走り方について詳しく書かれた記事等を参照されたい。)  一つ欠点を挙げるとすれば、カーボンプレートの反発を得るためには体の重心の真下で着地しなければいけないところだ。近頃、体の少し前で着地気味だった自分には良い矯正になるが、体の前の方での着地が体に染みついている方にはあまりお勧めできない。 (あとがき: ウォームアップ、5:30ペースくらいと、スピード練として2:45~3:30くらいのペースで、短い距離を何本も走りながら感じたこと、を書いてみました。長い距離を走ったわけではないので悪しからず、、。参考になれば幸いです。)
投稿日: 2020-06-30
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 値段だけはある ランニング用に購入しました。 値段だけはあり、かなりの高品質です。 弾みがつき、足が前に進みますので、 ランニングにも持ってこいです
投稿日: 2020-08-01
によって、 5つ星のうち 1 と評価されています。 期待外れの代物 長年アディダスを使用してきた中でこれほど期待外れだったシューズは初めて。 軽量と書いてあるが走っててもシューズの重さしか気にならず、カーボン自体の性能もよく分からない。むしろ無駄に硬いソールによって、走れば走るほどに足裏が疲れやすく感じる。ちなみに重量は25cmで210gだった。 特にフルやハーフのレースにおいては硬いし、重いし使う気にもなれない。PROという名前の通り上級者向けなシューズなのか、マラソンを速く走りたいと思ってる人には到底オススメ出来ない。 この値段で買うぐらいなら匠SENを買った方がよっぽどマシだと思う。他メーカーのカーボンシューズも試し履きしてる分、余計に残念さを感じるシューズだった。
投稿日: 2020-07-12
  • y_2020, m_8, d_5, h_15
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_3.0.10
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_0, tr_4
  • loc_ja_JP, sid_KZR17, prod, sort_[SortEntry(order=RELEVANCE, direction=DESCENDING)]
  • clientName_adidas-jp
ニュースレターを購読すると
10%OFFクーポンプレゼント