セール
adiZERO boston BOOST 2(ボストンブースト)

adiZERO boston BOOST 2(ボストンブースト)

あらゆる要素に優れたバランス型モデル。

シューズクリエーターのプロフェッショナルとして知られる大森氏が手掛けたメンズ用ランニングシューズ。ジョギングではクッション性を、スピードランでは反発性を発揮し、着地と蹴り出しを支えるフィット感が高く、レースからトレーニングまで幅広く対応するモデル。前足部にはメッシュを採用することで通気性を高め、長時間走行による足のむくみにもストレスを与えない。自身のランニングスタイルにおいてステップアップを目指すサブ5ランナー向けシューズ。女性専用ラストを使用しフィット感も向上。ウィズ(足幅)2E相当。
  • BOOSTフォームが、かつてない反発力を発揮その一歩に、大きな推進力をもたらす
  • テキスタイルアッパー/通気性に優れたメッシュをフォアフットに採用し、サポート力と快適なフィット感を強化/足に吸い付くマイクロフィットが足元をしっかりサポートしスピードを最大限に引き出す
  • 通気性とサポート性に優れるゾーン/ストレスのない柔らかな素材
  • かかとと前足部の自然な動きと安定性をサポートするTORSIONシステム
  • どんなコンディション下でも抜群のグリップ力を発揮するContinental™ラバーアウトソール採用
  • 重量:244g(27cm片足重量)
  • ミッドソールドロップ:10mm(ヒール:29mm/前足部:19mm)
  • 商品番号BB6412
  • カレッジネイビー/ランニングホワイト/ハイレゾオレン
  • 生産国China

テクノロジー

<span class="tecTextTitle">BOOST(ブースト)</span><br />
クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー。バネのような新感覚クッションで、少ない力でどんどん前へ進みます。
BOOST(ブースト)
クッション性と反発性を両立した革新的ミッドソールテクノロジー。バネのような新感覚クッションで、少ない力でどんどん前へ進みます。
<span class="tecTextTitle">Continental(コンチネンタル)</span><br />
欧州生産車新車納入シェアNo.1のタイヤメーカーが開発したグリップ性の高いコンパウンド。
Continental(コンチネンタル)
欧州生産車新車納入シェアNo.1のタイヤメーカーが開発したグリップ性の高いコンパウンド。
<span class="tecTextTitle">microFIT(マイクロフィット)</span><br />
日本人ランナーの足に高精度でフィットするシューズを生み出すテクノロジーです。
microFIT(マイクロフィット)
日本人ランナーの足に高精度でフィットするシューズを生み出すテクノロジーです。
<span class="tecTextTitle">TORSION SYSTEM(トルションシステム)</span><br />
中足部のねじれ運動をコントロールし、足の安定性を向上させます
TORSION SYSTEM(トルションシステム)
中足部のねじれ運動をコントロールし、足の安定性を向上させます

adiZERO boston BOOST 2(ボストンブースト)は、 3件のレビューによって、 5つ星のうち 4.7と 評価されています。
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 軽さとクッション性のバランスが最高 この軽さでこんなにクッション性のある靴は初めてでした。踵着地でもフォアフット着地でも十分なクッション性を感じられて脚が疲れにくいです。コンチネンタルラバーのアウトソールもグリップ力と耐久性に優れています。
投稿日: 2018-03-27
によって、 5つ星のうち 4 と評価されています。 フィット感で選びました フルのレース用として購入。サブ4ランナーですが、japanBOOSTではなくこちらにしました。幅広なのですが圧迫感がなかったのと、踵のホールドが気に入りました。すぐにロング走に使えそうです。
投稿日: 2017-10-21
によって、 5つ星のうち 5 と評価されています。 安定型ブーストの極み ボストンブースト一途だった私がアウトソールの耐久性を理由にジャパンブーストに切り替えてから1年たちました。私は初フルマラソン、そのトレーニングからアディゼロボストン3、4、ボストンブーストと約6年履き、次いでジャパンブーストにかえたため基本的にこの2シリーズしか知りません(他のメーカーのシューズは知りません)。 先日、佐倉でジャパンブーストワイドで挑み若干ながら自己ベストは更新したのですが、長い間慣れ親しんだボストンが非常に気になり、少し浮氣してボストンブースト2を購入してしまいました。 フルマラソン1週間後のやや乗っている時履いたのですが、同じ2Eでもジャパンワイド3に比べボストン2は幅広くフィット感は柔らかく優しい感じでした。着地も柔らかく吸収性高く脚ダメージはジャパンより低いと思われます。(アウトソールがジャパンがセパレイト、ボストンがフラットのせいかな、と思ってます。) 驚いたのは、ジャパンはスピードアップすると肌で感じられますが、ボストン2は知らないのに結構なスピードで走れてることに驚きました(練習11km走で知らずに、いままで走れなかったスピードで走ってしまいました)。 わたしの個人的なイメージとしては、ジャパンは跳ぶ、ボストンは踏み込むというイメージで、ジャパンはストライド系、ボストンはテンポ系(ピッチ系)に大きく力を発揮すると思います。 (10月の横浜マラソンではジャパンブーストで挑む予定ですが、アウトソールの削れ具合によっては・・・と心を惑わせられます。 ちなみにボストンブーストに比べボストン2はすべてにおいて進化してます。(佐倉では4:22:57でした。でもまだまだサブ4はあきらめていません。もうじき57歳になります。)
投稿日: 2018-04-02
  • y_2018, m_7, d_17, h_19
  • bvseo_bulk, prod_bvrr, vn_bulk_2.0.8
  • cp_1, bvpage1
  • co_hasreviews, tv_0, tr_3
  • loc_ja_JP, sid_CDB64, prod, sort_[SortEntry(order=RELEVANCE, direction=DESCENDING)]
  • clientName_adidas-jp
セール商品2点購入でさらに20%OFF
7/26(木)23:59まで
詳細を見る
ニュースレターを購読すると
10%OFFクーポンプレゼント