「キッズシューズ(子ども靴)の選び方」

お子さまに合った正しいサイズを測ろう!

正しいサイズのシューズを履くことは、子どもの成長にとても重要です。

大きめシューズの危険性

  • 1 シューズの屈曲ポイントが合っていないため、
    指がうまく使えず変形する。

    • ・シューズが大きいと、シューズの屈曲ポイント(つま先の曲がるところ)と足の屈曲ポイントが合わず、スムーズに蹴り出せない走り方がクセになってしまいます。
    • ・足の指がうまく使えず、蹴り出しで足を持ち上げるような動きになり、スピードを出すことができません。
    • ・さらに、足の指を使わなくなると、踏ん張りがきかず、左右への動きも鈍くなります。
    • ・結果的に、足の指の関節が弱くなり靭帯が緩むことで、シューズの形に合された足に変形してしまいます。

    大きめシューズの危険性 1

  • 2 足全体が前に突っ込んでしまうため、
    指が変形する。

    • ・足が変形してしまうのは、足の指がうまく使えていないから。つまり、足に合っていないシューズを履き続けているということが考えられます。フィットしないシューズは、アーチの落ち込み過ぎから「外反母趾」などを誘発することがあります。大きなシューズや窮屈なシューズを履いていると、足は変形しやすくなります。
    • ・フィットしないシューズを履くと、足の指が使えない。
    • ・小さいシューズを履くと、緩んだ関節の指が前に詰まり、変形しやすくなります。また、大きなシューズを履いていても、前に詰ってしまい、変形しやすくなります。

    大きめシューズの危険性 2

adifit(アディフィット)なら簡単に正しいサイズが測れます。

自分の靴のサイズにあったadifitをダウンロードし、印刷します。 はだしでadifitの上に立ちます。 かかとをadifitのかかと部分に合わせます。 もっとも長い指がadifitのゾーンに入っているサイズが、最適なサイズです。

よくある質問

  • Q

    すぐに大きくなるので、少し大きめのサイズを買ってもいいでしょうか?

  • A

    adidasとしてはジャストサイズをお勧めします。ジャストサイズはシューズ先端からつま先まで1㎝-1.5㎝(手親指爪1個分程度)を推奨します。「adifit」にて簡単に計測可能ですので、ぜひ、ご活用ください。

  • Q

    子どもの正しいサイズの測り方はどうすればいいのでしょうか?ポイントはありますか?甲の高さ、幅、指先?

  • A

    adidasの推奨する確認ポイントは3つあります。①かかと ②中足部(シューズの真ん中部分)③つま先の3点。かかとがしっかりホールドされているかどうか?中足部のゆとりがありすぎないか?つま先部分はしっかり指が動く程度の余裕があるか?「adifit」はジャストサイズをチョイスするための一つのツールとしてご活用頂けますが、足の形状や大きさは個人差が大きいため、シューズサイズはあくまでも目安という認識を持っていただければと思います。試履きを行い、上記3点の確認を頂けるとより良いシューズをチョイス頂けると思います。

  • Q

    サイズアップや買い替えのタイミングは?

  • A

    足の成長スピードには個人差があり、決まったタイミングはありませんが、お子さまのシューズは使用頻度が高く、また、成長を妨げないようにジャストサイズのシューズを選んであげることが重要だと考えています。そのためadidasとしては、3か月~6か月程度での買い替えを推奨しています。シューズ選びの際は都度試履きをして、足に合っているかどうか確認をしてからのご購入をお勧めします。

閉じる
サイズ違いもイメージ違いも30日以内 返品OK

30日以内返品可能」マークのある商品については、
未使用品に限り、到着から30日以内は返品可能。

※カスタマイズ商品、マーキング商品、予約商品は返品不可となります。
※配送料・返送料・手数料およびギフトラッピング料はお客様のご負担となります。 
※箱・付属品および納品書も必ず一緒に返送ください。
※店頭での返品は受け付けておりません。
※交換に関しては、返品手続き後、再度ご購入ください。

ニュースレターを購読すると10%OFFクーポンプレゼント
 検索

キャンペーン 全品送料無料!