SPGがゲームを制する

日本人の足にフィットすることを追求したマイクロフィットラスト。
どんなコートにおいてもグリップ力を発揮するコンチネンタルラバー。
優れたスコアリングPGは、高いフィット感と強いグリップ力で勝負を分ける者となる。

BB8186

SPG

BB8186

詳細を見る¥

SOLD OUT
BY4486

SPG

BY4486

詳細を見る¥

SOLD OUT

USER'S VOICE

ユーザーズボイス

  • フィット感がとてもよく、屈曲性もあるのでダッシュの際に加速を感じました!
    17
    男性
  • シューズは手に取った時よりも、実際に履いた方が軽く感じます。ランニングシューズを履いているような感覚。
    18
    男性
  • シューレースを結ばなくても、フィット感が良いので、足がぶれにくくターンノーバーの際に戻りやすかったです。
    17
    男性
  • アッパーが柔らかく、足が包み込まれるようなフィット感が気持ちいい!
    18
    女性
  • つま先まで覆うアウトソールによって、つま先の先までグリップ力が生まれている感覚。ギャロップステップやユーロステップの蹴り出しで最後まで踏ん張れる。
    18歳
    男性
  • 練習中一回もアウトソールの埃をふき取る必要がなく、グリップ力が継続する為、サイドステップのキレが増す感じがします。
    17
    女性
  • クッション性が高いので、リバウンドに思いっきり飛んでも足裏が痛くならず、何回もスムーズに飛ぶことが出来た。
    18
    男性
テーブス海

adidas Basketball / Kai Toews

日本バスケの名門、東洋大学京北高等学校バスケットボール部を離れ、
2015年からアメリカメイン州Bridgton Academyへ拠点を移したポイントガード テーブス海選手。
京北はインターハイ常連校、そしてテーブス海選手自身、日本一に向けてチームを率いるエース。
このまま日本に残り、頂点を極めることも可能であったはずのテーブス海選手にとって、
アメリカ行きの決断をした思いとはどのようなものだったのか。

STORY
ニュースレターを購読すると10%OFFクーポンプレゼント
 検索